理念

これからの農業経営のあり方を考える

むかし野菜を生産する上でもっとも大きなネックが、多くの労力と時間的コストとリスクが伴うことです。
自然に順な栽培方法、自然循環農法によって得られる、味と香り、栄養価と引き換えに、除草剤を使わない事によるリスクと膨大な手間を必要とします。

この問題を解決するために、むかし野菜の邑では、かつての農村でのしきたりとして機能していた「結いの仕組み」という考えを下地に運営と活動のあり方を緩やかなルールとして採用しています。

庄内にある穀類畑。大豆とむぎを生産している。共同作業でなければ消費者が求める高い品質は維持できない。

かつて、日本の農村にはどこにでもあった結の仕組み。
共同で田植えをし、稲の刈り取りを行う。部落には長老達が居て、皆の纏めを行ってきました。
現在では、トラクターやコンバインなどの機械化が進み、各農家ごとに機会を保有し始め、共同での作業を行わなくなっゆきました。除草剤・農薬・化学肥料によって、農業の近代化・機械化・効率化・省力化が進み、徐々に結いの仕組みは消えてくことになります。(協働という考えが必要ではなくなり、繋がりが薄れていった。)
同時に、労力のかかる雑穀生産や野菜作りなどの畑作は、見られなくなりました。 
 
有機野菜や自然栽培を中心にした高集約型(手作業の多い畑作)農業は前述の通り、労力の塊です。
また、孤立する個々の農業では、これからの時代巨大流通(農協や大型スーパー)に対抗することは困難です。
自然循環農業と多種多様な農業を未来へと繋いでいくため、グループ化が必要であるとの結論に至り、現在版の「結いの仕組み」作りに着手しました。
グループメンバーの畑であれば、何かあれば駆けつけることができるし全員で一気に仕事を終わらせることもできます。

研修生も含め、全員での堆肥振り。一人ではいつまでも終わりが見えない。

植え込みや種まきも短時間で済ませて、また次の畑へ向かう。誰が管理する畑でも同じこと。

「結いの仕組み」 3つのメリット。
  1. 機械や器具、種苗費を共同で利用するので、経費を抑えることができる。
  2. 必要な労働力を、必要な時に集中させて短時間で大きな効果を上げることができる。
  3. 研修生を受け入れ、担い手として教育したのちの独立支援としての受け入れができる。

人、一人でできることには限界があり、高が知れています。
どんなに強靭な肉体があっても、3時間の作業を30分にすることはできません。
どんなに優れた頭脳と知識があっても、2つの仕事を同時にこなすことはできません。
どんな孤独にも耐えることができる精神力も、仲間の存在によって得られるモチベーションの比較にならないほど差があります。

この邑に集う個々の農園と、一人一人のメンバーが力を合わせて、補い合い、高め合い、笑い合いながらこれからの時代の新しい農業経営のスタイルとして確率させていきたいと思っています。

次回は、自然循環農法で作る「麦」についてお話ししたいと思います。では、また次の金曜日に。

金の土、銀の土

作物を美味しく育てるためにまず何が必要だと思いますか?

いろいろと考えを巡らせてゆくと最後はやはり「土」にたどり着くのでは無いでしょうか。「土」こそが美味しく、健康な野菜を生み出す源である。これは真実です。土が健全で、健康でなければどうやって真の美味しさと栄養価をもつ野菜が栽培できるでしょう。

では、その「土」がどういう状態で、どのように影響して、美味しく健康な野菜を育てるのでしょうか。「良い土」にはどんな特徴があるのでしょうか。むかし野菜の邑の畑を例に紹介していきたいと思います。
むかし野菜の邑には「土」の状態に応じて3つのランクがあり、「金 銀 赤」 と順に、草木堆肥を施してきた年数に応じて土の状態と、生産できる野菜とその味に大きな差が生まれます。


「赤ラベル」
草木堆肥歴3年未満の畑。土は硬く、栄養価やミネラル分、微生物の数も少ない。

1年目に漬物用にと高菜を植えてみたが、成長する前に花芽をつけてしまった。野菜は正直で残酷だ。

新しく借り受けることになり、これから土作りを行っていく初期段階。
以前の耕作者がどのような方法で管理してきたかで、出足が随分と違います。化成肥料や除草剤などの化学物質を使っていた場合は、土の目が細かくがっしりと固まり重たい土になっています。このような土壌では水はけも悪く、地表面に肥料成分が残っているため、野菜の根は深くまで張ることはありません。どの作物も驚くほどに成長せずに、出荷できないままトラクターで漉き込むことになります。
草を取るにも、土が硬く鎌を持つ手もすぐに痺れてくる上に、しつこい種類の草ばかりでとても時間がかかります。
味は薄く、深み・旨味がまだまだ。筋っぽさも残りむかし野菜として納得できるまでには、まだ時間がかかります。
小松菜や青梗菜などの葉物野菜で畑を回転させて、土作りを続けることで、2年目以降は、土の感触や草の種類、野菜の生育に大きな違いが生まれてきます。

「銀ラベル」
草木堆肥歴5年未満の畑。土の団粒化が進み大きな変化が現れ始める。

レーキで畝を平らに慣らす。土が軽くなり、楽になるまで最低で3年。

3年が経過すると、土が柔らかくなり、粒状になっているのが確認できます。(団粒構造)これによって、粒の間に空気と水を蓄えることができるようになり、水はけがよく、作物の根が張りやすいふかふかとした土へと変わっていきます。この頃になると、草取りや鍬・レーキを使った畑仕事の際に土の軽さが変わってきたことを実感できるようになります。葉物野菜の味も合格点をもらえるまでに。ブロッコリー・ズッキーニ・ゴーヤなど地中にしっかりと根を下ろす作物の栽培ができるようになり、葉物野菜以外にもレタス、じゃがいも漬物用のたかなや大根などに挑戦できるようになります。
甘みが乗ってきてむかし野菜の特徴である香りも感じられるようになってくるのもこの頃から。商品として自信を持ってお届けできるのもこの「銀ラベル」からです。

「金ラベル」
草木堆肥歴5年以上の畑。まさに金の土。
味・香り・歯切れ、その存在感は桁違いです。

金ラベルの人参は最高の香り。もちろん葉っぱまで食べられる。

キャベツが結球(葉を巻き込みながら成長すること)するためには、土の力が不可欠。

この頃になると、なにを育ててもしっかりと旨味のある、深い味わいの野菜ができます。鍬を扱う仕事も本当に楽で、リズムよく畝上げができるので、気持ちよく楽しいほど。土の団粒も深さ20cm以上になり、ナスやピーマン・トマト等の実物は、より深くまで根をおろすことと、収穫期間が長いため土の力が無いとすぐに枯れてしまいます。また、人参、セロリなどは、はっきりと差が現れるので、「金ラベル」に達するまでは栽培しません。
今の時代、時間と手間と労力のかかりすぎるこの農法を生産者はもういません。それを評価する消費者の数が減っていることにもその一因はありそうです。

かつての日本では、当たり前だった自然循環農法を、復活させる為のカギは「草木堆肥のみを使用した地道な土作り」にあると思います。

ここにたどり着くまでには、長い時間をかけた実験と失敗の数々がありました。昔ながらの土作りで、小さかった頃に食べたあの懐かしい味と香り。代表の努力と汗、涙がここに結実しています。※佐藤自然農園のブログにて代表佐藤の思いを綴っています。

次回は、金の土の源であり、むかし野菜に最も重要な「草木堆肥」についてお話しします。ではまた次の金曜日に。

むかし野菜と有機野菜


この冬は、暖冬の影響で大根などの根菜がとてもよく成長しています。
セロリも例年であれば霜にあたって凍結し、スポンジ状になってしまったり、成長しきれずに萎縮してしまったりと冬場の栽培には特に気を使うのですが、美しく、ハリのあるセロリが収穫できています。もちろん味・香り・歯切れは抜群です。

トンネルの中で勢いよく育つ今年のセロリ
今年はセロリを粕に漬けてみた。

「むかし野菜ってどういうこと?」
「有機野菜なんでしょ?」と尋ねられることがあります。
確かに「有機野菜」「オーガニック」という大きな概念の中に「むかし野菜」は含まれます。しかしそれは似て非なるもの。また、「自然農法」という考え方とも少し違います。

「先人の知恵草木堆肥」ひとつかみの堆肥の中に数え切れない数の放線菌と微生物の環がある。

私たちは土作りに使用する草木堆肥をすべて、自分たちで作っています。 草と木の葉、剪定枝を粉々に砕いたチップに発酵の手助けとして、少しの牛糞を混ぜ1〜2ヶ月かけて作ります。堆肥の中には、測定不能な数の菌や微生物が住み、土の中で餌となる有機物を分解しながら、作物の生育に必要な元素・ミネラル分を供給しています。彼らが自然循環の大きな環のなかでとても大切な役割を果たしているのです。
※堆肥作りについては後日詳しく書きます。

これこそが日本で古くから繰り返されてきた農業の形でした。
「自然循環農法」私たちはこの農業のあり方をそう呼ぶことにしました。
そして先人たちに敬意を込めて「むかし野菜」と名付けました。

自然と共に生活し、地に足のついた先人たちの知恵がそこにありました。その知恵と、知識と豊かな食文化を今に伝えること、それが「むかし野菜」という言葉に全て含まれています。昔食べた野菜のあの懐かしい味を復活させるため、「自然循環農法」での野菜生産を根底に、「結の制度」「本物の無添加発酵食品」「昔ながらの素朴なおやつ」を提案していきます。

すべては「美味しい」の一言のために。