日常

4/21.4/28農園体験会を開催しました。

よく晴れた4月のおわりに、2週に渡って農園体験会を開催しました。
参加いただいた人数は、21日が100名(うち子ども50名)、28日が120名(うち子ども60名)と沢山の方がむかし野菜の邑へ訪れてくれました。

むかし野菜の邑を支えてくださっているお客様は、ほとんどが関東と、福岡に集中していて、地元大分での認知と普及がこれからの大きな課題です。
地元大分で食や健康、地域社会の農業のあり方に、少しでも興味のある方へ私達の活動の一端を伝えるべく、農園体験会を開催する運びとなりました。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。


堆肥つくり

むかし野菜の根幹である「草木堆肥」を作る工程を体験しました。

  • 草と木を主原料にする理由とは
  • 野菜を美味しくする「土」のちからとは
  • 堆肥の中で活動する無数の微生物のはたらきとは

堆肥つくりは、最も大切な仕事です。これがなければ、むかし野菜はむかし野菜ではなくなります。味と、香り。歯切れの良い食感。それを生む「土」を作るためのミネラルや微生物の働きの話を交えながら、実際に草を広げ、牛糞と、チップを上に広げてもらいました。
堆肥つくりの過去の記事はこちらhttp://mukashi-yasai.moon.bindcloud.jp/wlwp1/2019/02/01/

種まき

サラダセット・小松菜・青梗菜のタネを蒔いて、水やりまでを体験しました。夏野菜と春野菜の同居するこの時期特有である、夏野菜の合間をぬって、畑のスペースを最大有効活用する「むかし野菜流タネまき」を行いました。

  • まきすぎ、少なすぎに注意
  • 土のかけかた
  • 水のやりかた

簡単そうなタネのまき方も、そのひとつひとつの丁寧さで、最終的な出来栄えに大きく影響します。また、あの小さなタネの一粒が成長して、美味しい野菜になる。そんな生命の神秘も少し感じられたと思います。

おやつ作り

自家製小麦のスコーンとビーツのジャム・自家製きなこで食べるやせうま。団子を上手にのばして、沸騰したお湯に入れ茹でる作業を体験しました。自家製きなこは前日に焙煎して、風味と大豆の味をしっかり感じてもらいえるようにと、準備を整えました。昨年収穫した分の小麦粉は野菜饅頭などで好評だったため、すでに在庫がありませんが、6月の中頃には今年の収穫ができます。今年はいまのところとても順調に生育していて期待が持てそうです。

収穫体験

実際に畑では、どのように野菜ができているのか?草木堆肥のみで育った多様性に富む土を踏みしめながら全身で感じてもらいました。

  • 人参
  • 大根
  • 玉ねぎ
  • ブロッコリー
  • 青梗菜
  • スナップエンドウ

農園ランチ

待ちに待った農園ランチ。一日を通じて体感してもらった「土作り、タネまき、収穫」を農園ランチで締めくくり、最後は食べて感じてもらいました。すべてのメニューのほとんどを農園の野菜で作るランチメニューは10種類以上。麦ごはんのおにぎりにはじまり、スープ、漬物各種、コロッケ、ピザ、わけぎのヌタ、コールスロー、ちしゃもみ、ビーツの茎で作るキンピラ、ビーツのサラダ、ビーツの酢漬けなどなど。

子どもも大人もみんな口いっぱいに頬張ってむかし野菜の味を楽しんでいただきました。

 

関東・福岡中心のお客様の数をこれからは、地元である大分へもっと浸透させたい。また、健全な土作りから健康な野菜、地域社会の発展と明るい家庭への架け橋ととなるように。そして一人二人とお客様の輪が広がっていくように、むかし野菜の活動はこれからも続きます。

むかし野菜の定期便で季節をまるごと味わってください。

5番の畑は乾燥しやすい。草を刈るだけで細かい土埃が一面をおおう。

雨の降らない一週間となり、とても乾燥しています。タネを蒔いたばかりのものと、発芽してすぐのものには、水やりがかかせない時期になりました。日中と朝晩の気温の差が大きく油断すると人間が体調を崩してしまいそう。

販売チャネル

むかし野菜の邑では、おもに3つのチャネルで野菜と加工品を販売する事業を行っています。

  1. 個人顧客のご家庭へ定期便で野菜とその加工品を販売。
  2. レストラン及び、事業者へ野菜とその加工品を販売。
  3. 近隣住民へ、野菜とその加工品を農園で直接販売。

この中で最も重要なポジションで、これまでもこれからも変わらず大事にし続けなければならないお客様が「定期便」を取り続けてくれる全国のお客様です。お引越しの段取りで少しの間野菜の配送をお休みされていたお客様からのお便りが届きました。一部抜粋してご紹介させていただきます

早くに住まいを落ち着かせ、お野菜をいただきたいというのが家族の希望です。ここ数日やはり店屋物などが続いており、主人など明らかに体調に影響しているとぼやいていましたので、お野菜が届いて大喜びでした。

また、べつのお客様からは、

いつもありがとうございます。1ヶ月入院して改めて、食の大切さを確信できました。感謝感謝です。旅行で3日間外食をしたところ、アトピーが悪化しました。私は、四年前がんもしてます。免疫力の低下もあり、Dr.に「あなたは、アトピーでボロボロになりがんで死ぬ」と言われ「クソ〜負けん」と誓いました。笑笑。
お味噌がめちゃ美味しいです。楽しみにしてます。いつもありがとうございます。漬物も嬉しく頂いてます。むかし野菜様本当に本当にありがとうございます。長々とすいません。野菜届くの楽しみにしてます。

本当にありがたい限りです。私達の日々の活動と、長年に渡る土作り・そして本当に栄養価の高い野菜を評価していただき、価値観を共有してくださるお客様を「仲間」と呼ぶのはこの為です。

四季折々の旬菜が大分から全国へ旅立っていく。一つでも多くのご家庭を明るくしてほしい。

むかし野菜の定期便

むかし野菜の邑では、「草木堆肥だけを使用した土作り」「露地栽培へのこだわり」「完熟期の野菜を収穫」この3つを守り、10〜15品目の野菜とその加工品を定期便でお届けしています。

定期便の大きなメリットは以下の3点

  • 食卓が明るくなる
  • 野菜嫌いが解消される
  • 体調・体質が改善される

定期便では、畑でもっとも美味しいものをもっとも美味しい時期に、バランスよく食べることができます。まさに自然に順な食生活を送ることができます。
10〜15種類の野菜は、箱を開けるまでわかりませんので毎回の開封を楽しみにされている方も多くいらっしゃいます。ときには使い慣れない野菜も入りますので必然的に食事のレパートリーが増え、彩りも鮮やかになり、自然と会話も弾みます。

野菜嫌いの原因のほとんどが「味・歯切れ」です。美味しくないものは、健康のためとわかっていてもなかなか続きませんよね。草木堆肥のみで育ったむかし野菜は、味・香りが高く何より、「スジを感じさせない歯切れの良さ」が野菜嫌い克服の一翼を担っています。

旬の野菜はそうでない野菜と比べて、ミネラル・ビタミンの量が3〜7倍も多く含まれており、体調・体質の改善には、旬のものを旬な時期に食べることが一番です。※女子栄養大学の論文を参照

自然のサイクルとリズムに合わせた「食生活」は心と身体のバランスを整えてくれます。そのうえ、春夏秋冬、人間が生きていく上で必要な栄養素の多くが畑にそろっています。自然のサイクルに合わせた露地栽培の野菜をバランスよく摂り続けることができれば、元気になることはあっても、健康を害することはありません。

むかし野菜を食べつづけて

  • アトピーが軽減された
  • 風邪をひかなくなった
  • 野菜をまったく口にしなかった子どもが、今では競い合って食べてくれる
  • 重度のアレルギーで何も口にできなかった状態でしたが、むかし野菜だけは不思議と食べることができた
  • 毎回、何がとどくのか箱を開けるのがたのしみ
  • 食卓での家族の会話がふえました

むかし野菜の邑は、たくさんのお客様に支えられ、そのすべてのご家庭の健康を守りつづける使命があります。
アレルギーのこと・食品添加物の危険性・有機農産物の矛盾・安心できる麦・大豆等の穀類について、「食」の安全性が脅かされているなかで、むかし野菜の邑は1本の旗印を掲げ、不安や悩みを解決できるように努めていきます。

定期便の仕組み・お試しセットのお申込みはこちらのリンクからご覧頂けます。
まずは、お試しから始めてみませんか?

http://mukashi-yasai.jp/otameshi.html

 

次回は、農園体験会の報告その1をお届けします。
では、また次の金曜日に。

夏野菜を植える!

定植を終えたトマトの苗。今年も最高に美味しいトマトを実らせてくれ。

続々と夏野菜の苗が畑に植えられていき、「さぁ、またこれから忙しくなるぞ」と気合の入る時期になってきました。

農園では、月・水・金曜日が出荷日のため畑仕事を進められず、火・木曜日は貴重な一日となりフル回転での作業日となります。多い日では1日に12本の畝へ堆肥を入れて、鍬・レーキを掛け畑を作る日もあります。そんな4月は夏野菜の定植がピークを迎える時期。

ピーマン・パプリカ・万願寺・伏見とうがらし・トマト・フルーツトマト・ナス。ズッキーニ・かぼちゃ、里芋、さつまいもなど。

代表である佐藤は、出荷日も収穫を済ませると畑へ出て植え込みやその他の段取りに向かってくれる。仕事が遅れずに回っているのはそのおかげ。

なかでも、トマトやピーマン、パプリカなどの果菜類(実をつける作物)には「先肥」といって全ての苗1本1本に対してスコップ1杯の堆肥を追加する作業を行います。

果菜類は、枝や葉を成長させる「栄養生育」と、花や実をつける「生殖生育」とに大きく成長段階が別れます。十分な収穫のためには「栄養生育」の段階で正しく枝葉を大きく成長させる必要があり、むかし野菜の邑では「先肥」というカタチで作物のために栄養分を補給しています。これも草木堆肥が低チッ素であるがゆえに生まれた工夫です。


あれだけ作ってあった堆肥も残すはこれだけ。急いで作らねば。

いま定植中の夏野菜の苗は、早くて7月の中旬頃から、長ければ11月の終わりまで収穫できるようになります。この間も支柱を立てて、棚を設置して誘引と追肥梅雨が来て、台風をやり過ごして、と仕事は山のよう。そもそも、2月はじめに種を蒔いて仕込み始めた夏野菜。気づけば一年を通じてほとんどの間夏野菜のことを忘れる日はありません。

そうやって、繰り返す一年間ですが、決して同じ一年はありません。
野菜同様に、日々成長しつづけてむかし野菜の価値を高めるため、今日も抱きる限りのことを発信し続けます。

来週はいよいよ農園体験会ですね。たくさんのお客様に会えることを楽しみにしています。

次回は、むかし野菜の定期便についてお話しします。
では、また次の金曜日に。