近所の田んぼに水が入りました。
このあたりでは、これからが田植えのシーズンです。
今年は、梅雨入りが遅れていて雨が降らないので心配です。

 

毎日の料理ってほんとに大変ですよね。

家族の健康を考えて、まいにちまいにち、3食の食事のために
台所に立つ女性(男性)は本当に大変な仕事だと思います。

そんなあなたのために「むかし野菜」は存在しています。
献立を考えて、栄養価をバランスよく摂取できるように、
あれこれと悩まなくてもいいようになれたらいいと思いませんか?

 

むかし野菜のファンは、全国にたくさん!

 

関東、九州を中心に全国のご家庭に、野菜セットを届けています。
各ご家庭での消費量にもよりますが、

  1. 毎週
  2.  2週間に1回
  3. 月に1回の3パターンで、定期便を届けています。

セットの中身は、その時畑で1番美味しい「旬」なものを組み合わせます。
根菜、サラダ系、芋、葉物のバランスを考えながら、
色味も意識して食卓が華やかになるようにと常に意識をしています。

中には、定期便を届けるようになって、「10年以上」のお付き合いに
なるお客様もいらっしゃいます。

 

むかし野菜で、簡単美味しい家庭料理

むかし野菜を「美味しい!」と言ってくださる方から、「こんな風に料理してみたよ!」
という事で、レシピと感想を添えてメールでお知らせいただきましたので、
許可を得てここでご紹介させていただきます。

「ニンニクと三色人参のコンソメ炒め」


材料
ニンニク…適量
人参…三色
人参の葉っぱ…適量
コンソメ顆粒…適量

作り方
フライパンでニンニクを炒め、三色人参を入れる。
しんなりしてきたら、コンソメ顆粒を入れる。

 

「感想」
人参がとても甘いので、
コンソメだけのシンプルな味付けですが、とても美味しかったです

 

「チビジャガとビーツの葉っぱのサラダ」


材料
ビーツの葉っぱ…適量
チビジャガ…適量
ゆで卵…1個

ビーツの茎、葉をを5ミリ程に切り、耐熱容器に入れ水少量、
塩少々し、レンジで加熱。

チビジャガも同様にレンジで加熱後、
半分に切りオリーブ油を少量切口に付け、
ハーブ塩を付けオーブンで焼き色が付くまで加熱。

ビーツの葉っぱ、茎、チビジャガ、
ゆで卵をマヨネーズ少量であえる。

 

「感想」
ビーツの茎、歯の色が綺麗でクセもないので、
色味が映えるようポテトサラダにしてみました。
ポテトは形を生かしたかったので、半切りで作りました。
野菜自身が美味しいので、マヨネーズ少量と、
ハーブ塩の下味だけで美味しかったです。

このサラダを作る前にビーツの葉のキンピラを作ったのです。
これも美味しかったですが、サラダにもっとビーツの葉を入れても良かったなぁ~と

今日も美味しい野菜を有難うございました。

 

「むかし野菜」は、それぞれの野菜が持つ個性を最大限に引き出す土壌で育ちます。
ですから、余計な味付けをする必要はなく、塩コショウとオリーブオイルで、
グリルするだけでも十分美味しく食べられます。

あなたも「むかし野菜」をつかって簡単おいしい家庭料理にチャレンジしてみませんか?

その際はぜひ、あなたの「むかし野菜レシピ」をおしえてください。
ブログやHPでご紹介させていただきます。