小さなトマトが実をつけ始めた。梅雨があけるころ、最初の収穫ができるかな。

 

今日ようやく、まとまった雨となった大分です。
この一週間は、予報にあった雨が振らず、あてが外れ、水やりをしなければならなくなりました。天気次第の仕事ですので、なかなか計画通りに行かない場合もあります。それもまた、自然に順な農業ということ。
この雨で、さつまいもや、人参、きゅうりにトマト・ナスなどの夏野菜もほっと一息つけることでしょう。

ブログのテーマにはいつも悩みます。

どういうもの・どういうことを発信できるのか。
どういう情報が求められる?

畑での日常をお知らせすることは基本として、ブログとしての役割を考えるとそれ以上の「+α」を常に発信して行きたいと思っているので、必然的に考え続けることになります。「伝えたいこと」と「知りたいこと」この両方がピッタリと噛み合うようなテーマと内容の情報にしていきたいのですが、それがなかなか。

習慣化について考えてみる

「良い習慣が良い未来をつくり、人生の質を左右する」
例えば、早起きをしてランニングやウォーキングをする。
例えば、一日30分でも本を読む。
例えば、外食を控えて、自炊する。

たとえば、どの習慣も毎日当たり前のように、呼吸するかのようにストレスなく行うことができるようになれば。一日一日の歩みは小さくても5年後、10年後をイメージしてみれば、やる人とやらない人、その差はとても大きなものになります。しかし、頭では理解していても簡単に行動できないのが人間です。
どうやら私達の脳は、昨日までの通いなれた道から、一歩でも外れることに対して強いストレスを感じるようにできているみたいです。

庄内にある4反の畑。はじめはその広さに圧倒された。

習慣化に意志の強さは関係ない

新しいことを始めて、完全な習慣として毎日の行動に定着するまでには、最低6週間が必要だそうです。その6週間を乗り切るために必要な要素は、実は「意志力」ではなく、「環境」と「条件付け」だったことがわかりました。ランニングやウォーキングなら、一人よりも友人を誘って一緒にやったほうが効果が上がり、勉強や読書では、スマホや勉強に関係のないものを遠ざけるだけで、集中力が高まって2倍以上に効果が上がることがわかっています。

体は食べたものでつくられる。

私達の体は、血液も、骨も、内蔵も、脳の神経細胞も例外なく「食べたもの」の影響を受けます。細胞分裂の仕組みも、血液によって全身に運ばれる伝達物質も、37兆個の細胞ひとつひとつも「食べたもの」でできています。10年後、30年後もイキイキと元気で明るく過ごしたいと思いますよね。

むかし野菜は、「草木堆肥だけをつかった自然循環農法」です。化成肥料も除草剤も使わず、純粋に土の力を高めていくことで、栄養価の高い作物を育てています。また定期便では、その日その時、いちばん美味しい野菜をお届けしています。使い慣れない野菜も入ります。バランスよく沢山の種類を食べることできるむかし野菜の定期便は、家族の健康を守る「環境」「習慣化」を助ける一番の近道です。

10年以上むかし野菜を食べ続けてくれている方もいる。むかし野菜の定期便に慣れてくれば「献立→材料」ではなく「材料→献立」という思考になり、枠にとらわれず、料理の幅が広がる。

「野菜嫌いの解消」「体質改善」「バランスの取れた食生活」 習慣化の第一歩は続けざる負えない環境を整えること。まずは2週間に一回のお試しから様子を見るという選択もありなのでは。

そら豆のシーズンがやってきた。空に向かってサヤがつくから「空豆」。中の実が熟してくると下を向き始める。それが美味しいサイン。

ひと夏で4〜5回は草を刈る。しんどいけど、これも習慣か。

雨が降る前ににんにくを収穫し終えた。国産でしかも草木堆肥で育ったにんにくは格別で、希少品。