5月5日は24節気の『立夏』でした。春分と夏至のちょうど中間に当たる日です。
「目に青葉、山不如帰-ほととぎす-、初鰹」と詠んだ俳句が有名ですが、ちょうどこのころ。

この一週間は、最後の夏野菜の定植と、さつまいもの畑づくり、枝豆用の黒大豆のタネを蒔くなど、まだまだゆっくりできる様子はありません。
畑を空けるためにと、玉ねぎを一斉に収穫しました。このあと軒下に吊るして乾燥させます。

これでほんの一部。全部で5万本を植えている。もちろん植えるときも草を取るのも人の手で。

暖冬だったためか、土が良くなってきたのか今年の玉ねぎは特に大きい。定期便のお客様には安心してお届け出来そう。

 

今年はとても順調に季節が移り変わっているように感じます。おかげで、玉ねぎもさることながらじゃがいもの生育も良い。畑仕事に勤しむ私達にも、気持ちのいいシーズンです。ただし、これからやってくる過酷な夏を思うと、今からしっかりと体力をつけておかなければと気合が入る。

数週間後にはじゃがいもの収穫も始まる。家庭では常備しておきたい野菜。玉ねぎ同様十分にお届けできるはず。

若い二人が農園主佐藤の話に耳を傾ける。過酷で派手さもなく、一見時代にはそぐわないこの農業。若人二人は何を思うか。

 

連休が明けたためか、水曜日の直売は大盛況。常連さんはもちろん新たなお客さんの顔が目立ち、リピートへつなげるためにも説明に力が入ります。

ひとりふたりとお客さんが増えてきて、近隣の地域には浸透し始めた。他の曜日にオープンさせる日も近い。

 

人にとって過ごしやすい気候であると言うことは、虫にとってもそうで、今週から特に青虫の食害が目立ち始めました。キャベツは特に狙われやすく、少しの間でレース状にされてしまうことも多々あります。

春と秋の虫対策にはいつも悩まされる。露地栽培である以上仕方のないことだが…

 

体験会で皆さんに蒔いてもらったタネがきれいに発芽しました。が…
仕方のないことですが、やはり蒔きすぎてカイワレのような状態になってしまいました。

この見事な密集率。体験会でのことでなければ、とんでもなく叱られるレベル。さて、どう対処しようか…

 

むかし野菜流密集栽培-夏バージョンがこちら。
夏野菜を植えたあとの空いたスペースを最大限有効活用して、葉物野菜を育てます。

ピーマンの脇をぬって青梗菜が育っているところ。夏野菜と葉物野菜の成長スピードの違いが上手くマッチする。

 

今年は、麦も大いに期待が持てそう。見るからに勢いがよく、後半月ほど後の収穫が楽しみ。また、その小麦や、はだか麦、古代小麦をつかった加工品が今年はどんな味になるのか。みなさんもご期待下さい。

これから黄金色へ変わっていく。その景色は本当に美しい。