農業者がただ農業者で良い時代はもう終わりました。

いいものを作るのは当然のことで、いかにその情報を正しく消費者へ届けることができるか。これからはマーケティングとコミュニケーションのスキルを身につけて戦っていかなければ大きな時代のうねりに飲み込まれてしまう。そんな不安定な大きな変化の時代に突入しました。

私達生産者は、ついついこちら側の「伝えたいこと」を、消費者が「知りたいこと」であると思いこみ、全力で商品説明をしてみたり、理念や考え方をぐいぐい伝えてしまうなど、コミュニケーションの罠に陥りがちです。とはいえ、頭では理解していても、簡単にはその罠から抜け出せないのが悩ましいところ。

毎週水曜日の直売では、常連のお客さんがつくようになってきた。毎週楽しみにしてくれている上に、直接会話できることがとてもうれしい。

伝えたいことは本当に山のようにあります。

草木堆肥・土作り・露地栽培・低窒素栽培など生産に関わる「労力」のこと。味・香り・歯切れが特徴のむかし野菜は、有機野菜とは全くの別物で、むかし食べたあの懐かしい「味」のこと。地域の活性化・自然循環農法の普及・むかしの健康だった「食文化の復活」のこと。あと10個ほどありますが、さてどうでしょう。いきなりこのようにガツガツと自己アピールを行い「私はこんな人間で、こんなに毎日頑張っていて、こんなにいいものを作っているんです。どうですか、すごいですよね。あの人とは違います。だから私と仲良くなりませんか?」と自己紹介をされたとしたら、まず間違いなく「仲良くなれそうにない」と感じるはずです。

大事なのは、相手が「何を知りたい」と思っているのか。

例えば、「何に悩んでいるのか」とか「毎日の生活の中で感じる不満はなにか」や「不備・不足・不満・不安」などの潜在的なニーズを知ることで、ひとりひとりに寄り添った答えを正しく提案すること。それこそがあるべきコミュニケーションのカタチではないでしょうか。

「子どもが、なかなか野菜を食べてくれない」という悩みがあれば、

「子どもの野菜嫌いの原因の大半が、いつまでも口の中に残る繊維」であること。「低チッ素の土壌で育つむかし野菜なら、スジがなく歯切れが良いので繊維が残らない」こと。「子どもの舌は本当に正直で、味・香りを本能で嗅ぎ分ける」ことをなど伝えることができます。

つまり、いつもスタート地点はマーケットであり、消費者であり、一人ひとりのお客様であるということ。

まずは、消費者との対話の中で「悩み」や「不満」といった欲求を探り当てることがコミュニケーションのなかで最も大切なポイントです。同時に最も難しいポイントでもあります。だからこそ、そこに今後の商品開発やサービス向上のヒントが隠されています。お客さまへのインタビューを行ったのも、進行中の商品開発の方向性と、新たなニーズを探るためでした。

4/21㈰ と 4/28㈰ むかし野菜の邑 農園体験会 を開催します。

体験型のレジャーへのニーズは高まっている。そのなかでも農園で遊んで、学べるというのは「食」に関心のある子育て世帯にはぴったりではないだろうか。

 

 

生産者が、ただ、野菜をつくっていればよかった時代はもう終わりました。ただただ愚直に消費者と向き合いマーケットで戦って行かなければなりません。資本力のある企業が農業のフィールドへ参入してきました。「価格と量」という競争力を武器にする彼らに対抗するには、「圧倒的な品質」と「細やかなサービス」「アイデアと機動力」による付加価値で、消費者を味方につける戦略をとるほかないと感じます。

簡単であはありませんが、やるだけの価値はあるはずです。
そのための「むかし野菜の邑」です。

関わる人すべてが幸せになって、明日や未来への不安がなくなるような明るい地域、農業の活性化を目指します。

 

次回は、農園体験会についてのお知らせと、目的などお話ししたいと思います。
では、また次の金曜日に。