畑から食卓へ届くまでの間には、いくつもの工程がありそれは大変な労力がかかります。むかし野菜の邑では毎週、月・水・金曜日に出荷作業を行なっており、その日の一日は朝から怒涛の忙しさとなります。

 

白菜・小松菜・人参・じゃがいも・大根・紫大根・紅芯大根・セロリ・九条ネギ・サラダセット・レタス・ブロッコリー・椎茸・サラダかぶ・菜の花・漬物・わかめ・ほうれん草。この種類の野菜をそれぞれ必要な数に作り分け、個別にダンボールへと梱包されていきます。箱を開けた瞬間に、「わ!」と喜んでもらえるよう、土を落とし、傷んだ葉っぱを取り除いて、キレイに洗っては水気を切って個別に袋詰めをしています。

出荷日の朝は忙しい。続々と畑から集まってくる野菜たち。

例えば人参。草木堆肥しか使わない自然循環農法の野菜ですので、実に不揃いで、どれも2本づつといった具合に簡単には振り分けられません。均等にどなたにも平等に振り分けるには、相応のバランス感覚が必要になります。また、一週間ごとに畑の状況はめまぐるしく移り変わっていきますので、収穫するのにも優先順位が常に移り変わります。畑の状況・野菜の状態・お客様の要望を踏まえながら、その時の状況に応じた臨機応変な対応が求められ、いつも頭を悩ませています。

袋詰めは単純ではない。観察力とバランス感覚が求められる。これがまた難しい。

収穫・掃除・水洗い・袋詰めがひと段落し、昼食の時間になるのは決まって13時を過ぎる事に。ホッと一息するのもつかの間、誰もが次の仕事に急いで取り掛かります。まだまだ仕事は残っています。定期購入のお客様は、お気づきかもしれませんがむかし野菜の邑では、ダンボール箱や包装に極力コストを掛けず、お客様の負担にならないようにと努めています。あちこちからかき集めたダンボールを再利用して頑張っています。

15時過ぎ、箱詰めの準備が整い始める。

箱いっぱいのむかし野菜。たくさんの食卓を明るくしてほしい。

 

これから、半日から一日を掛けて全国を巡ってゆくむかし野菜。それぞれの食卓の数だけ家族の健康と笑顔を願う私たちの気持ちと一緒に、今日も「美味しい」の一言を届けています。

次回は、生産者、消費者のコミュニケーションについて考えてみたいと思います。
では、また次の金曜日に。