二十四節季 啓蟄「巣籠り虫戸をひらく」
冬の間地中に隠れていた虫が、戸を開いて外に出始めるころですが、今週は雨続きで虫も私たちも外へ出ていくことをためらっている感じです。

毎週水曜日に開かれるむかし野菜の直売所。雨の中傘をさして買いに来てくれる熱心なお客様も増えて来た。

むかし野菜の邑では、土作りの進行具合に合わせて「赤ラベル」「銀ラベル」「金ラベル」と3段階の基準を設け、価格の判断基準にしています。
例えば、じゃがいも。
「赤ラベル」500g 140円
「銀ラベル」500g 160円
「金ラベル」500g 180円
といった具合に、草木堆肥を施し続けてミネラルと土壌中の微生物群の健全な環境が出来上がるにつれ、やはり味と品質に価格を転化していくことで区別をしています。

ここで、一般的な有機栽培の野菜との違いを、コスト(労働力と時間)の面から比較して見たいと思います。

むかし野菜と有機栽培の比較

堆肥を原料から責任を持って作ることから始まり、最低でも3年の時間をかけて本当に美味しい味になるまでどれだけの労力がかかるでしょうか。それを押し付ける気はもちろんありませんが、知っていてもらいたいと同時に自信を持って価格に転化させていただきたいと思います。

1本140円の大根は高いのか

絶対的な価格で捉えると、100円と140円、同じ大根でも明白ですが、ここで何を基準にその価格を「高い」「安い」と捉えるのかを今一度考えてもらいたいと思います。野菜の本当の価値はどこにありますか?体のために、肉や魚では補いきれない栄養素をバランスよく摂ることができて、美味しく食べ続けられること。これこそが農産物の本当の価値であるはずです。真面目に質の高い農産物を生産して、その価値を高めていこうとする農業者の努力と苦労がいつまでも報われないマーケットの仕組みが、後継者不足と地域の疲弊を後押ししていることは間違いありません。

値段が高いから美味しいのではありません。

圧倒的に美味しいから相応の値段を提示しているのです。

毎週水曜日の農園直売も3ヶ月目になり、むかし野菜の味と香りの違いに気づいてくれた何人かのお客様は、毎週野菜と加工品をお買い求めにいらっしゃるようになりました。やはり直接お客様の声を聞くことができて、努力の結果が「ありがとう。美味しかったです!」の一言に詰まっています。

一人でも多くの方に、むかし野菜の価値をしっかりと伝えること。一人でも多くの方に食べてもらい、その違いに気づいてもらうこと。一人でも多くの方に、健康で明るい人生を送ってもらうことをこれからも地道に続けていきます。

次回は、春の訪れ「トウ立ち」についてお話ししたいと思います。
では、また次の金曜日に。