草木、萌え動く3月。
毎年甘酸っぱい実をつけるブルーベリーも、季節の移り変わりを敏感に感じています。
今年も、たくさんの実をつけてくれそう。

今年も甘い実が沢山つくといい。

むかし野菜の邑には、狭い面積の畑を、いかに有効に使い収量と品質、その両面を担保しながら面積あたりの収入を高い水準で確保してゆく様々なノウハウがあります。密集栽培はその一つ。マルチを使うことなく、苗1本でも多く植え付けることができるようにと常に考え続けることで、1反当たり350万円(年)という、超高収益栽培が可能になるのです。これは露地栽培、しかも自然栽培という条件では驚くべきことです。

むかし野菜流の密集栽培は畑を作り、畝を立てるところから始まります。

2月からの研修生に鍬の使い方を教える。初めて鍬を握った日のことを思い出した。

畝下は、鍬1本分のスペースしかなく、正直歩きにくいです。慣れるまでは綱渡りのように左右のバランスを取りながら転けないように歩くことになりますが、草が生えるだけで、何も生まない畝下のスペースはムダそのもの。レーキをかける際も、1本でも2本でも多く植え付けることができるように、有効な面積を確保しながら、土の偏りを無くすように慎重に行っていきます。

定植後のキャベツ。3本づつを少しずらしながら植えることで最大限活用する。マルチを使わないのは有効な面積が減ることに加え、毎回大量のゴミが出てしまうから。

タネの蒔き方で収量が決まります。

大根・ごぼう・人参・小松菜・サラダセット・中カブ・サラダカブ・それぞれ品目ごとにタネの蒔き方が違います。「収穫時のサイズ・葉の大きさがどのくらいになるのか」「春・夏・秋・冬の成長速度」「経験と勘」いくつもの条件を頭に入れ、「梅雨にかかる時期なら、蒸れてしまうので少し薄めに」とか「ごぼうは葉っぱが巨大になるので近すぎると悪い」とか、実にたくさんのことを同時に考えながら作業を進めて行きます。

サラダカブのタネ。密集しすぎないように、少なすぎないように。こればかりは感覚で覚えるほかにない。

収穫もむかし野菜流

大きなものを穫れば、その空いた隙間を利用して2番手、3番手が大きくなってくれる。1つの畝で、長ければ4週間ほど収穫できる。

密集栽培では、作物自身に備わっている競争本能を利用することで、競い合いながら互いの成長を助け合うという利点もあります。また『規格サイズ』や『見栄え』に影響されないむかし野菜ですので間引きの方法が通常の逆になります。基本的な間引きは、小さく規格サイズに満たないものを狙って行います。そうすることで均一にサイズが揃い、収穫期になると一斉に収穫・出荷をすることが可能になるためです。
むかし野菜流では、一番成長が早く大きくなったものから収穫し、続いて2番手、3番手の成長を待って収穫する。といった具合に出来るだけ長く収穫することができるように調整しています。個別配送ですので、ご家庭で食べる野菜が無くなってしまわないようにと、露地栽培でありながら端境期を作らないために考案された、むかし野菜オリジナルの管理方法です。

隙間なくぴったりとおさまった白菜。この姿をイメージしながら植え付けること。

早いもので、今日から3月。一年のうち比較的緩やかな1・2月が終わり、本格的な春の到来とともに、また目まぐるしいシーズンがやってきます。
堆肥を撒いて土を作り、タネを蒔いて苗を植えこむ。草を取っては堆肥を作る。なんども繰り返されるサイクルの中で自然と共に、むかし野菜の邑はあり続けます。

次回は、自然野菜の価格についてお話ししたいと思います。
では、また次の金曜日に。