むかし野菜を生産する上でもっとも大きなネックが、多くの労力と時間的コストとリスクが伴うことです。
自然に順な栽培方法、自然循環農法によって得られる、味と香り、栄養価と引き換えに、除草剤を使わない事によるリスクと膨大な手間を必要とします。

この問題を解決するために、むかし野菜の邑では、かつての農村でのしきたりとして機能していた「結いの仕組み」という考えを下地に運営と活動のあり方を緩やかなルールとして採用しています。

庄内にある穀類畑。大豆とむぎを生産している。共同作業でなければ消費者が求める高い品質は維持できない。

かつて、日本の農村にはどこにでもあった結の仕組み。
共同で田植えをし、稲の刈り取りを行う。部落には長老達が居て、皆の纏めを行ってきました。
現在では、トラクターやコンバインなどの機械化が進み、各農家ごとに機会を保有し始め、共同での作業を行わなくなっゆきました。除草剤・農薬・化学肥料によって、農業の近代化・機械化・効率化・省力化が進み、徐々に結いの仕組みは消えてくことになります。(協働という考えが必要ではなくなり、繋がりが薄れていった。)
同時に、労力のかかる雑穀生産や野菜作りなどの畑作は、見られなくなりました。 
 
有機野菜や自然栽培を中心にした高集約型(手作業の多い畑作)農業は前述の通り、労力の塊です。
また、孤立する個々の農業では、これからの時代巨大流通(農協や大型スーパー)に対抗することは困難です。
自然循環農業と多種多様な農業を未来へと繋いでいくため、グループ化が必要であるとの結論に至り、現在版の「結いの仕組み」作りに着手しました。
グループメンバーの畑であれば、何かあれば駆けつけることができるし全員で一気に仕事を終わらせることもできます。

研修生も含め、全員での堆肥振り。一人ではいつまでも終わりが見えない。

植え込みや種まきも短時間で済ませて、また次の畑へ向かう。誰が管理する畑でも同じこと。

「結いの仕組み」 3つのメリット。
  1. 機械や器具、種苗費を共同で利用するので、経費を抑えることができる。
  2. 必要な労働力を、必要な時に集中させて短時間で大きな効果を上げることができる。
  3. 研修生を受け入れ、担い手として教育したのちの独立支援としての受け入れができる。

人、一人でできることには限界があり、高が知れています。
どんなに強靭な肉体があっても、3時間の作業を30分にすることはできません。
どんなに優れた頭脳と知識があっても、2つの仕事を同時にこなすことはできません。
どんな孤独にも耐えることができる精神力も、仲間の存在によって得られるモチベーションの比較にならないほど差があります。

この邑に集う個々の農園と、一人一人のメンバーが力を合わせて、補い合い、高め合い、笑い合いながらこれからの時代の新しい農業経営のスタイルとして確率させていきたいと思っています。

次回は、自然循環農法で作る「麦」についてお話ししたいと思います。では、また次の金曜日に。