2月になり節分、立春と暦は進んで行きますが、朝晩はまだ寒い大分です。
ですが、例年に比べるとやはり暖かく、春めいてくるのもすぐのような気がします。

火曜日に堆肥を作った。これだけあっても4月からの夏野菜に向けてはまだ足りない。

お漬物が毎日の食卓から姿を消したのは、いつからだろう。
質素倹約が美徳だという考えはいささか古いですが、それでも食卓に、白いご飯と、味噌汁、そしておいしいお漬物があればホッと安心できるのが日本人である証拠でしょう。この感覚は誰もが共感できるはず。

むかし野菜の邑のテーマの一つに「健康で安全な昔ながらの食文化の再提案」があります。その中でも特に力を入れているのが、保存料・化学調味料無添加 本物の発酵食品である「お漬物」です。
むかし野菜の邑で作るお漬物は、塩や粕といった基本の調味料以外は使用しません。たとえば、昆布やかつお節などを加えて、旨味成分付け足すことはしません。
瓜や高菜、セロリなどの野菜が持つ本来の旨味と、それをよりいっそう引き出す乳酸菌の力だけで勝負して、本当に美味しいお漬物を作りたい。その思いからです。もっとも、むかし野菜であるからこそ野菜から深い旨味が出るのです。

左から「瓜の粕漬け」「柚子大根」「セロリの粕漬け」「茄子の粕漬け」 うまい漬物があれば、めしも旨いし、酒にも合う。

いくつもの工程を経て、美味しい高菜漬けができる。

たくあんの用意も始まった。

今では、瓜・茄子・人参・セロリを粕漬けに。
大根の甘酢漬け・柚子大根・たくあん。
大分高菜・茄子の辛子漬け・シソの実の味噌漬け。
と10種類ほどのお漬物を製造し、お届けしています。

そのどれもが、皆様からとても良い評価をいただいていて、私たち自身も素直に「うまい」と思えるものです。「主人が一人で食べてしまうので、こっそり隠してます。」「子どもが大好きで、私たちの分がありません。」などなど、感想をいただくことがありますが、本当にありがたく、その言葉に励まされています。

日本全国に目を向けてみれば、美味しいお漬物がたくさんあります。今後はそれをヒントにむかし野菜の邑らしい、シンプルで深みのある美味しいお漬物を新しく提案していくのも面白いかもしれません。

健康で、豊かだった頃の食文化をもう一度取り戻したい。そのためにまた明日から頑張ります。

次回は、むかし野菜の邑が採用する、グループの運営方法「結いの制度」についてお話ししたいと思います。では、また次の金曜日に。